カテゴリ:メニュー( 1 )

メニュー作成

こんにちは。

今、メニュー作成の大詰めに入っています。
今申し込んでいる物件に通ることが出来た場合、受け渡しがとても早い予定なので、”店が出来たけど出すものがない!”というのだけは避けないとと急いでいます。
ベースとなるメニューはあるのですが、NYは出店地域が少し変わるだけで嗜好や所得が大きく変わる為、出店候補地が変わるたびに戦略を考えなおしています。

NYには100を超えるラーメンを出すレストランが存在し、様々な味が楽しめます。飽和状態なのか最近では潰れるラーメン屋も出てきました。
そんな中またラーメン屋かと思われながら開店をするので、コンセプトをはっきりと持ったラーメンを提供する必要があります。毎日とは言いませんが、週に2・3回食べに来ても飽きないラインアップと味と価格で、身体にもいい栄養バランスで作ることを心がけています。NYならではの、New Yorkerが美味しいと思うラーメンは何か、という漠然としたイメージを形にしようと必死になっています。

NYで人気のラーメン屋代表格のIPPUDOは価格帯も安くありませんし、何よりその人気で待ち時間は2時間越えは当たり前です。思うにお客さんのほとんどは特別な日に訪れていると思います。そういった意味では、IPPUDOとはコンセプトを真逆にし、普段使いができるラーメン屋を目指しています。

ラーメン屋を始めると決めた時点で、一番心配だったのが商品開発でした。今まで飲食業界には長く携わってきましたが、味創りの経験はなかったので自分で満足できるクオリティーのラーメンが創れる確証が何もありませんでした。ただ、自分の中で理想の味がはっきりとあったおかげで、去年修業をさせてもらった思無邪での時間を有意義に使うことが出来、帰ってきてからの約半年間、毎日ラーメンを作りながら試行錯誤を重ね、今のレシピに辿り着きました。
e0369784_11024119.jpg
今は一日でも早く商品を提供し、たくさんの意見を聞きたいです。店で出し始めてからが勝負だと思っています。”美味しい”と一人でも多くの人に言ってもらう為には、一人でも多くの人に食べてもらい意見を言ってもらわないと出来ないと思います。ここをスタートラインに、来年・3年後・5年後に自分がどんなラーメンを提供しているか、不安と期待でイッパイです。

では


[PR]
by yishida1031 | 2017-02-10 11:20 | メニュー | Trackback | Comments(1)