カテゴリ:物件( 4 )

契約前、契約後

こんにちは。

暫く間が空いてしまいました。

この間に話が結構進みまして、
先週、大家とマネージメント会社の担当の方とのインタビューがありました。

初めて大家さんと直接会い、ビジネスプランや細かい営業内容、
コンセプトや将来の方向性について説明し、
納得してもらう事が出来ました。

今は大家側からの契約書を弁護士さんと一緒に見直し、
変更点をお願いする箇所を洗い出しています。

それと並行して、
リカーライセンスの取得準備、
物件の改装の為の図面作成、
店のロゴ、ストアカード、ビジネスカードの作成、
メニュー作成、
食材、備品調達、
キッチン・フロアーのオペレーション作成
等など...
今のうちに準備をしておかないと、営業許可が下りてからの時間を無駄にしてしまうので必死です。

元々、石橋を叩いて渡る性格で、現場主義の人には頭デッカチと言われてしまいますが、
準備は必要以上にしておかないと落ち着かないんです。
折角、ラーメン屋で9年も経験をさせてもらってきたので、オープン初日から9年目のようなスムーズな営業を目標にしています。

これからの流れは、
現在のテナントがDepartment of Buildingでクリアーにしていない違反が見つかったので、
その事務作業を待ち、その間に契約書を整え、
クリアになった時点でなるべく早く引き渡しをし、
改装(とても簡単に済ます予定です)をし、
消防局、衛生局のインスペクションを受け、
リカーライセンスを申し込み、営業許可を取り次第、ソフトオープン、
その後グランドオープン
となる予定です。

すべてが順調に進めば5月には開けられるかなーと思います。
何が起きるかわからないのがアメリカなので、気を抜かずにいきます。

では。




[PR]
by yishida1031 | 2017-02-21 07:00 | 物件

物件内覧

こんにちは

本日、改めて物件を内覧してきました。
こちら、客席側。
e0369784_10323187.jpg
今日の内覧の目的は、建築士さんに同行してもらい主にキッチン内のインフラの確認をしてもらう為です。
結果、ほぼ今のままで営業が出来そうです。
細かな点では、Hand Wash Sinkを取り付け、地下に製氷機を置き、客席の照明などを変える程度で済みそうです。

欲を言えば沢山出てくるのですが、今自分が出来る範囲内で精一杯の店造りをしようと決めました。
開店してから資金を貯めて徐々に良くしていくのも楽しいですし。

これまでの数件はここからの大家との交渉で諦めないといけなかったので、気を引き締めて進みます。

では


[PR]
by yishida1031 | 2017-02-02 11:21 | 物件

物件探しー現在

こんにちは。

今、一件見ている物件があります。
Lower Eastというエリアにあり、小さめのお持ち帰り中心の店舗です。

e0369784_10440053.jpg

気に入った理由は、
1)栄え始めているエリアで、
2)大きさも400sqftぐらいとこじんまりとして、
3)家賃も安く、
4)居抜きで綺麗な状態で、
5)入口手前が10席ほどの客席、奥がキッチンで壁で区切られていない
と、好条件だったからです。

ただ、見た目がいいからと言っていい物件とは限らず、
こちらの物件は、過去にDepartment of Buildingのペナルティーを清算していませんでした。
現在テナントと話して、早急に対応をしてもらっています。
この他にも、物件に対して何らかの債務がないかを精査してから契約をしないといけません。
無事済めばいいのですが。。

ここからの手順として、
大家と契約条件の擦り合わせをし、
自分のビジネスプラン、財務状況等をレポートとして提出し、
受け入れられたら契約を結び、内装工事を始めます。
うまくいけば目標は春先オープンです。

明日、建築士の方と物件を内覧しインフラのチェックをしてきます。
ここから先が正念場です。。

では

[PR]
by yishida1031 | 2017-02-01 10:47 | 物件

物件探し

こんにちは。

まず本題の前に、
このブログを読んで下さる方たちに感謝の気持ちでいっぱいです。
NYでの事業に興味があり立ち寄ってくれた方、
自分の起業を心配してくださる方、
気にかけてくれる方がこんなにいるとは夢にも思いませんでした。

まだまだ始めたばっかりですが、これから少しでも有意義な内容や自分の現状を伝えて行ければと思います。
そして、文字ばかりで読みづらくてすみません。。なるべく写真も入れるようにします。次回から。

さて、表題ですが今最も難航しているのが物件探しです。
書くことが多く、長くなってしまいますがこれでもほんの一部です。
残りはまた日を改めて追記しようと思います。

日本で開店の経験がないので違いに関しては詳しく分かりませんが、
NYでの物件探しに関して説明します。
まず、ラーメン屋に関してですが、NYでのラーメンブームは約10年前に始まったと言われています。
それまでは数件しかなかったのを覚えています。
つまり、日本のように”ラーメン屋の居抜き”物件というのがまずありません。
ですので、以前はレストランだったりしてキッチンのついている物件を探し、自分でラーメン屋に変えないといけません。

その中でも、なるべく手を加えずに開店をするために下記のインフラを踏まえないといけません。
1)麺茹で機を置くとグリーストラップが地下にあるかキッチンが高くないと排水がうまくいかない
2)ガス管のパイプ径が4インチないと火力が足りない
3)スープをとるためのローレンジとハイレンジを置くとフードが一定の大きさ必要になる

上記だけでもだいぶ物件は限られてしまいます。
そして、何より驚いたのは
消防法により、オープンキッチンにするには客席にスプリンクラーを設置しないといけない
ということです。
自分も物件探しを始めてから設計士の方に教えて頂き知りました。
皆さんが想像する、カウンターのあるラーメン屋をつくるには、これだけで数万ドルかかります。
ホント、NYはラーメン屋に優しくない。

今は当初考えていたオペレーションから少々変更をし、
麺茹で機を使わずに寸胴を改造したもので麺をゆでる、
お持ち帰りメインだった居抜き物件をメインに探す、
など視点を変えて物件探しをしています。

来週も数件見に行く予定です。
もう物件探しを始めて半年近く経ちます。
いいなと思う物件に出会ってはフラれ、出会ってはフラれ結構落ち込む事も多いですが、
周りの人に励まされながらなんとか奮い立っています。

10件、20件と物件を見ているうちに、段々と見るポイントも理解できてきました。
ここまで根気強く付き合って下さっている不動産屋さん、設計士さん、同行して下さる先輩、本当にありがとうございます。
そろそろ運命の出会いがあってもいいかなぁ、と期待しています。

近いうちにいい報告が出来るよう、頑張ります。

では







[PR]
by yishida1031 | 2017-01-28 14:04 | 物件